もどる 
第四部青い瞳の天使
主な登場人物

・エイミス=ブルーリバー <年齢−19 属性−光> 登場部:第三部、第四部
 第四部主人公、フェンバート家で働くことになった銀髪青眼のメイドさん♪
 この大陸では青い瞳は非常に珍しく「青い瞳を持つ者は一生幸せに暮らせる」という
 言い伝えもある。メイドとしては完璧を目指しているためデュランへの想いを
 「身分が違うから」という理由でずっと抑えている。
 ただ、カード類が非常に好きでカードゲームをやりだすと誰だろうと容赦はしない・・・

・デュラン=フェンバート <年齢−19 属性−光> 登場部:第三部、第四部
 フェンバート家の第十五代目領主でエイミスの雇い主、現在はクインハルド城ではなく
 そこから離れた別荘に一人で住んでいる。学問、剣術などは非常に優秀で性格の良さからも
 周りからの信頼は厚い・・・少し天然ボケだけどw。組織とは彼の持つ魔剣メルトグラシオ
 を巡って一度対峙している、魔剣は奪われることは無かったがこの時の戦いで彼は両親を
 失い、婚約者と生き別れになっている

・アシラクト=クラフロンテ=フィアオベリスク <年齢−2718 属性−風> 登場部:第四部、第六部
 初代フェンバート家領主から仕えている不老不死の妖精、名前は長いので普段はフィアと呼ばれている。
 努力というのが苦手でデュランとエイミスの変な妄想ばっかしているくせにその実
 無意味に能力が高く昔は風の女王候補とまで言われていた。いつもふざけている分シリアスな展開に
 なると急に重い台詞をのはやはり年の功だからかもしれません

・アリス=ハーグリヴァ <年齢−19 属性−光> 登場部:第四部
 デュランの婚約者、見た目の清楚さとは裏腹に活発で人を引っ張っていく
 タイプの女性でデュランは当然の事ながら引っ張られまくりw
 魔剣メルトグラシオをめぐる戦いでデュランをかばって負傷し、デュランがその時の記憶だけを
 失くしてしまっているので生存は不明となっている

・シュン=フィルワーク <年齢−2718 属性−風> 登場部:第四部
 フィアの親友で同じく不老不死になった妖精。「妖精の肉を食べると不老不死になる」
 という人間の噂から同族が乱獲されて以来人間に対して非常に嫌悪感を抱いている
 そのため人間側についているフィアを引き戻そうと画策するもののいつも失敗に終わる
 人一倍の努力家なのだが必ずといっていいほど努力0%のフィアに負けているなぁ・・・

・幻=クレイド <推定年齢−20 属性−風(限りなく無に近い)> 登場部:第一部、第三部、第四部
 →第一部参照

・シーラ=シュクレール <年齢−19 属性−光> 登場部:第一部、第三部
 →第一部参照

・オルディ=ハウランド <年齢−23 属性−火> 登場部:第一部、第二部、第三部、第四部
 →第二部参照

・サークス=ガヴェリン <年齢不詳 属性不明> 登場部:第一部、第三部、第四部
 →第一部参照

・フォルテ=マグワート <年齢−25 属性−光(完全属性加護者)> 登場部:第三部、第四部
 →第三部参照

・セリア=ブレンラルク <年齢−23 属性−知> 登場部:第三部、第四部
 →第三部参照

・ギア=スーシィス <年齢−28 属性−土> 登場部:第三部、第四部
 →第三部参照

・フローネ=ラストミセス <年齢15 属性−月> 登場部:第二部、第三部、第四部、第五部
 →第三部参照

あらすじ

エイミス=ブルーリバーが働くことになった屋敷にはデュラン=フェンバートと呼ばれる青年が住んでいた
どこまでもマイペースなデュランとお節介焼きな不老不死の妖精フィアと三人で楽しく生活をしていたのだが
そこにもデュランの持つ魔剣メルトグラシオを狙って組織が現れる・・・。その上デュランの行方不明の婚約者
アリス=ハーグリヴァとエイミスには実は秘密があって・・・・



  もどる