もどる 
第六部紅の戦乙女
主な登場人物

・レイン=フェンバート <年齢−16 属性−風> 登場部:第六部
 初代フェンバート家領主・・・とはいっても元は落ちぶれた貴族の家の生まれだったのだが
 騎士への憧れだけで家出をして勝手に名前をつけているだけw
 旅をしているが目的はなく、ただ「困った人を見るとほっとけない」なんて性格だけで
 放浪している。。。体質的に魔力が少なく魔法が苦手なため、いつも戦闘は肉弾戦
 しかも角材を振り回す暴れん坊っぷりヽ(´Д`)ノ
 なぜか人の名前の本当の意味を言い当てるのが特技。

・ジェィク=コーンフィルド <年齢−20 属性−水> 登場部:第六部
 クインハルド城の吟遊詩人で「神の調べ」と呼ばれるほどの人間だが見た目は
 ただの軟弱な優男。レインに一目惚れしていらいストーカーのように付きまとっている
 「ベクトルの向きを変える」能力を持っており合気道のように戦うことができる

・アシラクト=クラフロンテ=フィアオベリスク <年齢−712 属性−風> 登場部:第四部、第六部
 →第四部参照

・紗希=ローグウェル <年齢−17 属性−不明> 登場部:第五部、第六部
 →第五部参照

・セルバンティス=ディアマルクシャールス=ロリエンキュール <年齢−27>
 →西の大陸の登場人物参照

・ファラ=テール <年齢−9>
 →西の大陸の登場人物参照
あらすじ

レイン=フェンバートは困った人が放っておけないそんな人物だった
ある日、馬車強盗を捕まえたのに逆に馬車強盗と間違われるという災難にあった
今日はもう人助けしない!そう決めたレインであったがそこにどこから助けを求める叫びが
「やれやれ、そんな声だされたら放っておけるわけないじゃない!」
自然と彼女の足はその声の元へと全力疾走するのだった




おまけ雑談


  もどる