田んぼはちゃんと秋の気配なんですが
沖縄から帰った翌日は
台風一過の晴天

気温も高く、まるでまだまだ夏
もちろん
程度の差はあれ瀬戸内側も
泥水のせいで黄緑色に染まっていた

飛行機が着陸直前だったので
撮れなかったが、
大阪湾はまるで黄海のように
これを上回る泥の海だった

走る船の航跡だけが青く澄み、
表層にだけ
真水と泥の層ができていることが
見て取れた

そらこんだけの真水&泥が流れ込んだら
南紀で養殖してた黒マグロも死ぬわな
引き続きこれは鳴門海峡付近
左が淡路島で、瀬戸内側上空から見ている

このあたりは普段は海もきれいで
青い海面が広がっているのだが

異様なのは
このとき、紀伊水道から流れ込む海水が
茶色い泥水だったこと

とてもありえない光景

紀伊半島〜近畿に降った雨が
どれだけ尋常ならざる量だったかを知った
台風が西日本を溺れさせていた頃は
沖縄で泳いでいたので
テレビ報道だけで実感がわかなかったが

帰りの飛行機、
空から眺めた風景に驚いた

確かに大雨の後には河は
こんな風に泥水を海へ吐き出すのだが、
今回はその範囲が半端ない

これは高知県東部
向こうに室戸岬が見えている

手前の河が海を染めている範囲は、
写真の外、相当遠くまで広がっていた
9月に入ったとたん
また台風がやってきた

その襲来直前に
空港から沖縄へ飛び立ったので
実際の台風の状況はあまりわからなかったのだが、
とても遅いのろのろ台風で
南から湿った空気を呼び込み
えんえん同じ地域に雨を降らせ続けた

そして紀伊半島南部〜内陸部では大洪水の大被害
平成になっては最悪の台風被害だそうだ
9月に入る頃
稲の穂が出た
出穂

9月、2 / Septiembre 2, en 2011



2011・9月・その1
Fotografias en Septiembre 2011, primera

田の畔に彼岸花はまだ
8月 / Agotso en 2011
Ads by TOK2