京福電気鉄道福井鉄道部について

 

  路線概要

  京福電気鉄道は、その名の通り、京都と福井に路線を持つ鉄道で、その相互は全く接続されておらず、規格も全く異なる。
 このうち、福井鉄道部(元の福井支社)は、
福井 勝山 間の越前本線 福井口三国港 間の三国芦原線東古市 永平寺 間の永平寺線から構成される。元は、越前本線は勝山から先、 京福大野 まで、三国芦原線は三国 から東尋坊口 に、永平寺線は金津 〜東古市間と路線を延ばしており、更に、西長田 本丸岡間の 丸岡線と言う路線も存在した。
 路線の歴史は古く、1914(大正3)年に
京都電燈参考→ 京福電気鉄道京都本社のページ 叡山電鉄のページ)が 越前電気鉄道を開業させたのが始まりで、その当時は 新福井 市荒川小舟渡付近・現在は廃止)であった。 その後、順次路線を延長し、1918(大正7)年に大野三番 (後の京福大野)まで全通させている。
 京都電燈がひいた路線と言うのは、この越前本線だけで、後は県下の中小私鉄を合併したものである。
 現在の主幹線と言うべき三国芦原線は、その前身を
三国芦原電鉄 として1928(昭和3)年に福井口〜芦原 (現・芦原湯町 )間を開通させたのが始まり。当初から、京都電燈越前電気鉄道と接続していたあたりに、この鉄道の背景が見えようものである。三国芦原電鉄は翌年には三国まで延長、1932(昭和7)年に東尋坊口まで開通させている。この当時、既に 国鉄三国線が金津〜三国港間を開業させており、芦原〜三国間は国鉄と共用線となっていた。1944(昭和19)年の国鉄三国線の休止を受けて、三国〜三国港間の国鉄線を譲り受け、路線を変更している。
 現在は10kmにも満たない永平寺線も、元は
永平寺鉄道 と言う私鉄であった。その歴史は古く、1925(大正14)年、 永平寺口(現・東古市)〜 永平寺門前(現・永平寺)間が開通。1929(昭和4)年に金津〜 新丸岡(後・本丸岡)間が、同年中には残る新丸岡〜永平寺口間が相次いで開業し、全通となった。
  京福電気鉄道が合併した福井県下の私鉄のうち、最も古い歴史を持ったのが丸岡線の前身である
丸岡鉄道 である。丸岡鉄道は、越前電気鉄道開業の翌年、1915(大正4)年、本丸岡〜 上新庄(後・丸岡 )間が開通、これは国鉄北陸本線が丸岡町市街を通らなかったためで、その後、1931(昭和6)年には三国芦原電鉄との接続をはかり、上新庄〜西長田間が開通した。
  1942(昭和17)年、京都電燈は鉄道部門を京福電気鉄道として分離、同年に三国芦原電鉄を合併している。その後、1944(昭和19)年には永平寺鉄道、丸岡鉄道を合併し、福井鉄道と並ぶ、福井県下の一大勢力として君臨し続けた。
  しかし、栄華も長くは続かず、モーターリゼイションと過疎による乗客離れから、たちまち経営が苦しくなり、1968(昭和43)年、長らく休止状態であった三国芦原線三国〜東尋坊口間を正式に廃止、更に同年の西長田〜本丸岡間の丸岡線の廃止を皮切りに、翌1969(昭和44)年には永平寺線金津〜東古市間が廃止、そして越前本線勝山〜京福大野間と廃止が相次いだ。
  その後も乗客減は留まる事を知らず、1998(平成10)年には、永平寺線の全線と越前本線東古市〜勝山間の廃止を福井県に通告、地元の反対もあり、廃止は先送りが続けられたが、2001(平成13)年に越前本線で2度の正面衝突事故を引き起こした事により、国土交通省より運転停止命令が出され、全線に渡り運休、代行バス輸送が始められた。
  そして運転再開にかかる費用の捻出は不可能と言う判断により、同年10月、京福電気鉄道福井鉄道部全線の廃止申請が提出された。
  後に福井県・勝山市等により協議が進められ、2002年10月から第三セクター「えちぜん鉄道」が発足、2003年7月より区間を区切って、順次開業をしている。

 

ギャラリーページへ

越前路に風を再び・・・
京福電気鉄道福井鉄道部のギャラリー

別館メインページ   別館メインページ へ
とらむのほーむぺーじ   とらむのほーむぺーじ へ

 

 

 

 

 

Ads by TOK2