長崎電気軌道について

 路線概要

 長崎電気軌道は長崎市内に路線を広げる民営の軌道会社であり、現在日本では数少ない黒字経営の路面電車である。路線は本線を中心に、4本の支線から成り立っているが、運転系統は4系統から成り立っている。路線は住吉から長崎駅前を経由し築町西浜町を通って正覚寺下を結ぶ本線と、本線の住吉から一駅先の赤迫を結ぶ赤迫支線、長崎駅前から桜町を経由し公会堂前までをショートカットする桜町支線、本線の築町から、大浦天主堂下を経由し石橋を結ぶ大浦支線、本線の西浜町から蛍茶屋を結ぶ蛍茶屋支線からなる。
 長崎に初めて路面電車が開通したのは1915(大正4)年に
病院下大学病院前付近、現・廃止)から(旧)築町(築町〜西浜町間)の第1期線が最初である。その後、延伸が進み、翌1916(大正5)年には千馬町出島付近、現・廃止)から大浦(現・大浦海岸通)間が、更の1917(大正6)年に大浦から出雲町(現・石橋)間の第2期線が全通した。
 第3期線は1919(大正8)年に長崎駅前〜桜町間が先ず開通、翌1920(大正9)年には病院下から
下の川浜口町松山町間、現・廃止)間と桜町〜馬町(現・諏訪神社前)間が延伸された。また、同年末には築町から古町(公会堂前付近、現・廃止)間も開通している。そして1921(大正10)年には西浜町〜思案橋間も開通した。
 昭和に年号が変わってすぐの1927(昭和2)年、長崎水害の影響を受けて、一時休止の憂き目に遭う。また、昭和恐慌の波も同時に受けた事から、一時路線の存続が危ぶまれる事態に陥った。しかし1933(昭和8)年から事業は好転し出し、この年に下の川〜
大橋間を延長、翌1934(昭和9)年には馬町〜蛍茶屋間も延伸している。
 太平洋戦争が勃発し、1938(昭和13)年に国家総動員法が公布されると、国内は一転、戦時体制に突入して行く。陸運統制令、電力調整令をはじめ、社員の大多数が出征する中、運行そのものもまま。ならなくなっていった。そして1945(昭和20)年、長崎市内に落とされた原子爆弾は一瞬で長崎の町を粉砕し、同時に長崎電気軌道は壊滅的被害を受けた。
 甚大な被害を出した長崎電気軌道はそれでも復旧を諦めることなく、その年の秋には長崎駅前〜西浜町〜蛍茶屋間を復旧、運転開始となった。更に同年末には千馬町〜石橋間も開業している。
 その後も路線復旧は進み、1946(昭和21)年には古町〜
小川町(桜町付近、現・廃止)〜長崎駅前〜浦上駅前が開通、これで全線の約4分の3が復旧した事になる。
 しかし、浦上から先は爆心地であった事と、西浜町付近は都心部であり、軌道敷にヤミ市が立ち並んだことから手がつけられず、大橋までが復旧したのは1947(昭和22)年の事であり、西浜町〜思案橋間の復旧は1953(昭和28)年まで待たなくてはならなかった。
 その間、原爆からの復旧著しい浦上地域への足の確保のため、1950(昭和25)年に、大橋から住吉までが延長開業している。
 昭和30年代に入り、復興も軌道に乗ってきた中、1960(昭和35)年に赤迫支線の住吉〜赤迫間が全線開業している。しかしこの頃から多分に漏れずモーターリゼーションの波がここ長崎にも押し寄せる。1968(昭和43)年に折り返し設備が脆弱だった思案橋から終点を正覚寺下に移すべく、思案橋〜正覚寺下間を開通させた。また、同年にはワンマンカーの運転も開始している。そして1971(昭和46)年には自社内での競合路線保有は好ましくないとの判断から自動車部門(バス路線)を切り離し、長崎自動車へ経営譲渡している。
 昭和50年代に入り、路面電車の未来をかけて、日本鉄道技術協会開発委員会に広島電鉄と共に参加、軽快電車の開発に協力した。そしてその技術の粋を集めた車両が日本で初めて登場。同車は1981(昭和56)年のローレル賞を受賞している。
 1984(昭和59)年に運賃一律100円に値上げして以降、現在に至るまで運賃を据え置いており、ワンコイン電車として親しまれており、その上での黒字経営には目を見張るものがある。現在、赤迫から先、滑石方面への延長計画や長崎駅前〜築町〜公会堂前〜長崎駅前の循環運転の試行、歩道橋の撤去など活発な動きが見られ、更には超低床車の導入など、今後の展開には目を離せない。

路線図

長崎電気軌道の路線図
 本線    住吉   〜正覚寺下 間  7.0km
 
赤迫支線  赤迫   〜住吉   間  0.3km
 
桜町支線  長崎駅前 〜公会堂前 間  0.9km
 大浦支線  築町   〜石橋   間  1.1km
 
蛍茶屋支線 西浜町  〜蛍茶屋  間  2.2km
       営業区間合計       11.5km
 

駅名の読み方の事

茂里町=もりまち
銭座町=ぜんざまち
五島町=ごとうまち
大波止=おおはと

 

 車両概要 長崎電気軌道の車両

 保有形式は19形式。1形式は電動貨車。


J−Tramで行こう! J−Tramの紹介 長崎電気軌道の写真集 とらむのほーむぺーじ
J−TRAMで行こう! へ J−TRAMの紹介のページ へ 長崎電気軌道のギャラリー へ とらむのほーむぺーじ へ
Ads by TOK2