岡山電気軌道

 

路線概要

 中国地方の中核都市、岡山市に路線を広げる岡山電気軌道は、岡山の表玄関・岡山駅前から市内中心部の目抜き通りを抜けて、住宅街の中に位置する東山までを結ぶ、東山線と、その途中駅の柳川から清輝橋を結ぶ、清輝橋線の2路線からなる。
 最初の開業は1912(明治45)年、岡山駅前〜
城下(後、上ノ町→表町入口→城下)間である。その後、後楽園前まで延長された。
 同年、城下〜
西大寺町間が開業。東山線の一部であるが、この当時は支線扱いで、本線は後楽園前への路線の方であり、この本線は1921(大正10)年七番町口(後、番町)まで延長されている。
 東山線の全通は1923(大正12)年、西大寺町〜東山間の開業による。この段階での開業区間は、
後楽園線岡山駅前〜番町・東山線城下〜東山間である。
 清輝橋線の最初の開業は1928(昭和3)年、柳川〜
大雲寺前間からである。1946(昭和21)年には残る大雲寺前〜清輝橋間が開業、清輝橋線も全通する。
 暫らく3路線体制であったが、ここ岡山でもモーターリゼーションの波が押し寄せ、1968(昭和43)年、本線系統であり、岡山電気軌道最初の開業区間を含む、
後楽園線上ノ町〜番町間が廃止された。
 その後も路線の廃止が相次ぐと思われたが、ここは軌道がふんばり、一路線のみの廃止にとどめた。
 現在は、在籍車両の大多数が軽快電車で占められており、旧型車の更新車を含め、その殆どが冷房化されている。旧型車両も在籍はしているが、車両運用に余裕があるため、めったに姿を見せない。
 多角経営から安定した経営を保っており、それまでの全線均一料金制から、市内中心部運賃割引制度を設けるなど、戦略的な営業が目を引く。
 更に超低床車の導入も行い、旧型車のリニューアルなどを推し進めるなど、規模が小さいにもかかわらず、経営方針は非常に目立っている。
 現在、岡山でも路面電車の見直しがされており、岡山市環状新線構想が持ち上がっており、開業すれば、豊橋鉄道運動公園支線以来の新線開業で、平成になって初めての新規開業の路面電車となる。
 特筆すべきは、和歌山県にある南海電気鉄道貴志川線を引き受け、自社線とする事を表明した事が挙げられる。従来の軌道専業社が、赤字ローカル線であり、既に廃止の決定している鉄道線を引き継ぐと言う事は非常に厳しいとは思えるが、今後の展開に期待したい。なお、他社線の経営引継ぎについては、先に名古屋鉄道岐阜600V路線(参考→
「名古屋鉄道のページ」)廃止後の経営譲受の話も出たが、路面電車不要論を掲げ廃止を歓迎する岐阜市との会合の結果、物別れに終わった経緯がある。

路線図

岡山電気軌道の路線図  路線名
   
東山線   岡山駅前〜東山 間  3.0km
   
清輝橋線  柳川〜清輝橋 間   1.7km

  駅名の読み方の事

   西川=にしがわ
   
城下=しろした
   
門田屋敷=かどたやしき
   
大雲寺前=だいうんじまえ

車両概要 

 車両数の割に多い10形式(20両)。はじめの頃は、製造年毎に形式を変えていたため、一形式1両と言う事態も。
初期の軽快電車は旧在来車の更新名義であり、後期の軽快電車は新造名義となっている。
外観上の違いで分けると
3車種旧型車・初期軽快電車・後期軽快電車)である。

 


J−Tramで行こう! j−tramの紹介 岡山電気軌道のギャラリー とらむのほーむぺーじ
J−TRAMで行こう! へ J−TRAMの紹介のページ へ 岡山電気軌道のギャラリー へ とらむのほーむぺーじ へ

 

 

Ads by TOK2