2009GW 四国ツーリング (2009/05/01-02)



今年のGWは米国出張ですべて潰れるはずだったのだが、
ラッキーなことに豚インフル騒動で出張はキャンセルに!
(なんて不謹慎なw)

ってことで、2日間だけ四国ツーに行ってきました。^^


〜初日〜

初日は徳島をメインに回ろうと計画。
高速道路を使用して一気に土成まで行き、まずは昼飯。

このあたりは「たらいうどん」発祥の地。
何軒もの店がある中、一番評判の良かった『平谷屋』へ。



営業時間の前についたのだが、GWとはいえさすが平日、
他に客はまったくおらず店主が早めに案内してくれました。


まずは注文し、その後にテーブルに移動します。
テーブルは店の左側、坂を下りたところにあります。



渓流のそばの涼しい座敷で食べるシチュエーションは格別です。


で、1人前じゃ少ないだろうってことで2人前注文したんですが・・・・・。




余裕で3人前くらいあるんですが何か。( ̄▽ ̄;
(喫茶マウンテンの鍋スパよりはマシやけどw)

さすが「たらいうどん」、スケールが大きいです。

麺は讃岐うどんぽくてコシがあり、つるつる入るけど噛み応えアリ。
つけ汁は、いりこダシがかなり強くてちょっとクセがあります。
ヲイラは好きなのですが、苦手な人は薬味の生姜を入れると匂いが消えます。^^




もちろん完食しましたよ(笑)。

てことで、腹いっぱいになったところでお店を後に。


土成を南下しようとしたところ、目の前に鯉のぼりの大群が・・・。

明日四万十川で見ようとしていた「鯉のぼりの川渡し」だ。

すぐ近くまで寄れそうだったので、バイクを停めてしばしまったり。



四万十川のそれと比べると小規模ですが、のどかな雰囲気で良かったです♪



鴨ものんびりと水浴びしてました。


さて、次はどうしても行きたかった「奥祖谷二重かずら橋」へ向かいます。
有名な「祖谷かずら橋」と違って、二重かずら橋は秘境ムード満点の穴場です。

地図を見て一番近道のR438を南下したのですが・・・。
剣山ドライブウェイ、これがまさしく酷道(汗)

さすが四国の3桁国道は違いますねぇ。。。(^^;;;

コーナーで砂利がごろごろ浮いてるわ、
舗装は剥離してるわで泣きそうになりました。


で、やっとの思いで到着〜。




ここから下りていくと、2つのかずら橋があります。



まず目にするのが『雄橋』






高所恐怖症の人は渡れない?(^^;


雄橋を渡ってちょっと進むと、自由に使える『野猿』がありました。


カップルが果敢にチャレンジしてました。w( ̄o ̄)w オオー!


そしてこちらが『雌橋』




雄橋よりもちょっと短いかずら橋でしたが、今でも生活道路だそうです(驚)。



R439を西へ進み、K32沿いの「祖谷かずら橋」に寄り道。



客が多くて渡る気になれず、写真だけ撮って退散w


次は祖谷渓谷の断崖絶壁にそびえ立つ「小便小僧」



かなりの断崖絶壁に、涼しい(?)顔して立ってますw
が、高所恐怖症の人は下がまともに見れない高さデス。( ̄ー ̄;;;


この後はR32へ出て大歩危・小歩危を抜け、高知市内へ。
明るいうちにホテルにチェックインし、繁華街をブラブラと散策。


お約束の「はりまや橋」


橋といっても欄干しかありませんが・・・(汗)


そしてホテルの近くに小料理屋を見つけて晩飯。



塩タタキ土佐巻が絶品でした。(´▽`)ウマー
(※土佐巻とはカツオたたきの巻き物で、これも藁焼きでした♪)


ほろ酔い気分でホテルに戻り、早々にシャットダウン・・・ヽ(  ̄○)ゞ。o○フワァー♪



〜2日目〜

朝食を済ませ、9時にホテルを出発。

桂浜花街道を西へ進み、太平洋沿いの駐車場で「アイスクリン」


ここに来たらこれだけは外せません(笑)。



パラソルにおばちゃん、これが昔ながらのアイスクリン売りです。^^



次に向かったのは横浪黒潮スカイライン
太平洋を望む地元随一のワインディングです。
中低速コーナーの連続で、リッターにはちょっと厳しいですが楽しい道です。



途中、KSR110を抜きつあおられつつ(爆)、展望所で一服。(*´◇)y-~~~

あとは一気に「道の駅・かわうその里すさき」へ。


ここで本日高知入りするじぇいとハイタと合流予定。
が、いつまでたっても現れる気配がなく・・・(汗)。

途中で仕事のトラブルの電話に対応しながら待つこと数時間、
無事に二人と合流して待望の昼飯へ。

藁焼きタタキの実演を見て、即座に注文(笑)。



目の前で豪快に炙り、氷水でしめてタタキを出してくれます。


一人前480円、美味いですよ〜♪


ビールが飲めないので、当然これだけでは足りません。

ということで、須崎名物の「鍋焼きラーメン」も食いました。


下の方には鶏肉も入っていて、アツアツだけど案外さっぱり食べれます。


腹いっぱいになったところで、R56を窪川まで南下してR381(土佐街道)へ。
ここからはGW何のその、問答無用の快走が始まります♪
(R381は個人的ランクで快走路No.1です)


四万十川を左手に見ながら、右へ左へバンクを楽しみながらひたすらスポーツ。
「本当にGWなの?」ってくらいに車も少なくて快適です。^^


やがて四万十町へ到着。
ここでは、GW期間限定で「鯉のぼりの川渡し」が見れます。





全部で200匹くらいでしょうかね、気持ち良さそうに泳いでました。^^


さて、ここですでに16時(汗)。
四万十市に宿を取っているじぇいとハイタはこのまま西へ。

ヲイラは翌日が仕事なのでどうしても帰らなくてはいけないのだが、
このまま引き返すのも面白くないので一緒に晩飯を食うことに。(^▽^;


四万十川沿いを走り抜け、ホテルに無事到着。
おススメお食事どころと言われる『味劇場 ちか』へ。




ビール飲む二人をうらやましげに見つつ、ノンアルコールビールで乾杯。^^;


色だけは一人前なんやけどねぇ・・・(苦笑)




鯖のタタキ、カツオのタタキ、あおさのりの天ぷらに鯨の竜田揚げ・・・。



鶏のさつま揚げと〆に鯖寿司を食べてあっという間に20時。


2人の見送りを受け、20:15にR56を須崎に向けてナイトラン開始。

快調に飛ばすものの、思ったより寒くて
ガスチャージついでにウィンドストッパーを着込む。


須崎から高知道へ。
途中、ぬえわkmで追い越し車線を走行中にパトカーを抜きそうになり、
あわてて急ブレーキで減速したもののしっかりマイクで注意される(笑)。

南国SAでパトをやり過ごし、高知道〜徳島道で徳島へ。
徳島市内で最後のガスチャージを終えたのがジャスト24時。


鳴門から淡路道〜阪神高速を駆け抜け、自宅帰着は1:15。
四万十市から見込みどおり5時間で無事帰宅しました。
2日間の総走行距離は970km。

思ったよりも距離は伸びなかったけど、充実した2日間でした。^^


米国出張に行ってたらこの四国ツーもなかったと思えばまた格別。
不謹慎だけど、豚インフルさまさまな2009年のGWでした(オシマイ)。







Ads by TOK2